朴葉みそ(ほおばみそ) 飛騨の郷土料理を食べよう

朴葉みそとは朴葉味噌

朴葉みそとは、枯朴葉の上に味噌をのせ焼いて食べる飛騨の郷土料理です。飛騨の味噌は、基本色は濃い赤みそのような色ですが、塩分は全体に控えめで旨味と麹の甘みが特徴です。

朴葉みその食べ方は、写真のように味噌にネギなどの薬味、椎茸などの山菜・茸をからめたものを朴の葉に乗せて焼き、ごに乗せて食べるのが一般的なようです。

朴葉みそを本格的に楽しみたいという方は、飛騨コンロ(卓上コンロ)がオススメです。民芸品風の味わいが人気の飛騨コンロは高山の土産物屋さんやネットの通販でも販売されています。朴葉味噌以外にも、魚、餅なども焼くことができます。

朴葉みその作り方朴葉味噌のおみやげ

右写真は、土産物屋さんで買った朴葉みそです。この朴葉みそを使用した朴葉みその具体的な作り方を紹介しましょう。

朴葉を水洗いし、2・3分水に浸して軽き水気を拭きとりやわらかくしておきます。

朴葉を飛騨コンロやフライパン、ホットプレートにのせます。

朴葉の上にをみりん、又は少量の水、少量の砂糖入れた味噌をのせます。好みに応じて、ネギ、椎茸、花がつお、ピーマン、季節の野菜。肉などを混ぜて焼きます。

弱火でじっくり焼きます。香ばしい朴葉の香りがして煮えてきたら食べ頃です。

飛騨牛+朴葉みそ

 飛騨牛は、飛騨高山グルメの定番!飛騨牛が食べられるレストランがたくさんあります。私達は、旅館で朴葉みそと一緒に飛騨牛を食べましたが、肉は柔らかくて、とっても美味しかったです。

飛騨牛の朴葉みそ焼き

飛騨牛の朴葉みそ焼き。私の大好物!

朴葉みそ焼き

朴葉みそ焼き。これがあると朝から食が進みます。

高山の初心者おすすめ記事

  1. 高山の古い町並みの散策 高山の古い町並みは、飛騨高山の中で一番おすすめの観光地です…
  2. 飛騨高山へのアクセスは、車、電車、バスで行くことができます。旅のプランイングによって選択するのがベス…
  3. 飛騨高山の旅で2泊3日すれば、高山市街だけでなく、近隣の観光地まで足を延すことが できます。 …

当サイトについて

飛騨高山でのんびりゆったり至福の休日を過ごしてみませんか?
飛騨高山の古い町並みをメインに奥飛騨温泉郷、下呂温泉、白川郷、上高地、乗鞍、安曇野などの観光スポット、ホテル情報、旅のヒントになる情報を掲載。当サイトをご覧になって少しでも旅行のお役に立てれば幸いです。
プロフィール(HN:osakakanko)
住まい:大阪
趣味:旅行・観光、温泉、写真、ハイキング
管理人への連絡:master@okinawa.kilo.jp
(アットマークは小文字へ変えてください)

イベント・ニュース(最新)

・第32回飛騨高山手筒花火打ち上げ:8/9
・乗鞍天空マラソン(30km):6/21
・飛騨高山ウルトラマラソン:6/7
・乗鞍高原すもも祭り:5/24
・乗鞍岳 山開き祭:5/15
・上高地開山祭:4/27
・春の高山祭(山王祭):4/14,15
・我楽多市:4/5、5/3、6/7、7/5、8/2、9/6、10/4

アーカイブ

ページ上部へ戻る