乗鞍岳・乗鞍山頂畳平・乗鞍高原

乗鞍(のりくら)は、飛騨高山近郊の観光地として上高地、奥飛騨温泉郷と合わせて人気があります。高山市街からは、車とシャトルバスを乗り継いで1.5~2時間程度で行くことができます。

北アルプスの南側に位置する乗鞍は、春~夏はハイキング、夏は登山、冬はスキーなどで楽しむことができます。エリアは大きく分けると2つあります。1つは、乗鞍岳の東斜面にある乗鞍高原エリア。2つめは、標高2700m~3000mの乗鞍山頂(畳平)エリア。

乗鞍高原エリアは、湖沼や清流が流れる小川、水しぶきをあげる滝、広大な草原、白樺林などが点在しておりウォーキングやサイクリングでの散策を楽しむことができます。

乗鞍山頂(畳平)は、バスターミナル近くのお花畑、20~50分で初心者でも手軽に登ることができる魔王岳、大黒岳、富士見岳登山、100分程度で行くことができる中級者向けの乗鞍岳剣ヶ峰登山など楽しむことができます。

乗鞍岳

乗鞍岳(のりくらだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)の南部にあって剣ヶ峰(標 高3,025.6m)を主峰とする山々の総称。剣ヶ峰の他に、朝日岳、摩利支天岳、富士見岳、屏風岳など23の山がある。日本百名山の一つ。岐阜県と長野 県にまたがっており、長野県側のふもとには乗鞍高原が広がっている。名称は、姿が馬の鞍に似ている事から名付けられた。807年に田村将軍が乗鞍三座の神 に祈願を込めたといわれている。本州における太平洋側(木曽川)と日本海側(信濃川、神通川)の中央分水界が剣ヶ峰を通っており、この分水界の最高所と なっている。

乗鞍高原

乗鞍高原(のりくらこうげん)は、飛騨山脈(北アルプス)南部東側に位置する 高原。 観光利用が盛んで、夏は避暑、夏から秋にかけては登山、冬はスキーを目的とする観光客が多く訪れます。また複数の温泉が湧出しているほか、他所(湯川源 泉)からの引湯もなされています。標高1600m付近には「休暇村乗鞍高原」があります。自然が豊富で、多様な動植物が生息している。運がよければ特別天 然記念物のカモシカが見られます。乗鞍高原エリアは大別すると下記の3エリアに分ける事ができます。

  • 一の瀬園地~女小屋の森
  • 三本滝~乗鞍自然園~牛留池
  • 番所大滝~千間淵遊歩道

【乗鞍山頂畳平旅行の感想】

奥飛騨温泉郷の宿を8時頃出発し、川のほとりにある新穂高の湯に立ち寄った後、乗鞍山頂(畳平)行バスの出るほおのき平に着いたのが9時半頃。直行バスで畳平へ向かい、車窓から眺める景色に感嘆しながら10時過ぎには畳平へ到着。

体力のあるうちに、目指すは富士見岳(2817m)。バスターミナルから40~50分。急な坂道も多く多少のしんどさはありますが、新緑の山々や高山植物(写真はクロユリ)を撮影したり、素晴らしい風景に見とれたり楽しい道のりでした。

富士見岳(2817m)山頂からの眺めも素晴らしかったです。オススメです!体力のある方は、剣ヶ峰(3026m)への登頂を目指すのもいいと思います。私も次回は挑戦するつもり・・・。

乗鞍山頂畳平

 長野県側からの乗鞍エコーラインと、岐阜県側からは平湯峠を経て高所を走る乗鞍スカ イラインの双方の終着点で、標高2702mに開けた展望の名所。乗鞍神社本宮や宿泊施設、郵便局、売店・食堂のある乗鞍バスターミナル前には鶴ケ池があ る。バスターミナルから15分ほどで登れる魔王岳[まおうだけ]も展望がよい。なお、平成15年度より乗鞍岳は全シーズンにわたりマイカー規制が行われて いる。そのため、マイカーで行く場合は乗鞍スカイライン(岐阜側:平湯峠~畳平)利用ならば平湯付近で、乗鞍エコーライン(長野側:三本滝~畳平)利用な らば乗鞍観光センター付近でシャトルバス、またはタクシーに乗り換える必要がある。

乗鞍畳平住所・・・岐阜県高山市丹生川町
交 通・・・JR高山駅→濃飛バス平湯・新穂高行きで1時間、バス停:ほおのき平下車、シャトルバスに乗り換え45分、乗鞍バスターミナル下車、徒歩すぐ。ま たはJR松本駅→同バス平湯・高山行きで1時間30分、バス停:平湯下車、シャトルバスに乗り換え1時間、乗鞍バスターミナル下車、徒歩すぐ
営業時間・・・3時30分~17時(5・6・10月は7時~)
休・・・冬期閉鎖(11月1日~5月14日)

乗鞍山頂畳平へのアクセス

 2,700m付近にある畳平バスターミナルまで乗鞍スカイライン(岐阜県側)や乗鞍 エコーライン(長野県側)といった自動車道が通じていることもあり、日本で最も登りやすい3,000m超級の山と称されてきた。しかし自家用車で畳平の駐 車場まで乗り入れのできた以前とは異なり、2003年以降は自然保護や交通渋滞解消の観点よりマイカー規制が行われるようになった。2008年現在も、麓 にある駐車場に自家用車を停め、シャトルバス若しくはタクシーを使う状態が続いている。

乗鞍畳平お花畑周回コース

乗鞍に咲くコイワカガミ

コイワカガミ(小岩鏡)

nori56

nori22

nori64

 

乗鞍畳平周辺の山(魔王岳、大黒岳、富士見岳)

乗鞍畳平バスターミナルは、標高2705m。畳平の周辺には、魔王岳、大黒岳、富士見岳などの標高2700m~2800m級の山々が点在しています。

畳平バスターミナルから3つの山の山頂までは、30~40分程度で登ることができます。一番近いのは魔王岳だけすが、私がオススメするのは富士見岳です。3つの山の中で一番標高が高く(2817m)見晴らしも素晴らしいです。

富士見岳へのコースは、2通りあります。1つは、畳平から鶴ケ池を半周して長野、岐 阜の県境の標識のある車道の近くから、砂と小岩の山道を20分ほど登るコース、2つめは、お花畑の横を通過して乗鞍岳/剣ヶ峰を目指す道のりを歩き、途 中、富士見岳分岐から登るコース。何れも最後は、砂と小岩の山道を20分ほど登ります。標高2817mの山頂からは、南に剣ケ峰、北に槍ケ岳、穂高連峰が 望むことができます。なお、富士山は、快晴の時に見えるそうですが肉眼では厳しいかも・・・。

奥に見えている建物のあるところが乗鞍山頂畳平バスターミナルです。そこからお花畑の横を通って登ってきました。

乗鞍山頂畳平バスターミナル

不消ヶ池まで雪渓が迫っていて、この辺りはとても綺麗です。奥の山にはコロナ観測所の白いドームが見えています。

不消ヶ池の雪渓

富士見岳の分岐地点です。ここから乗鞍岳剣ヶ峰まで約60分です。写真に見えている大雪渓では夏スキーを楽しんでいました。

富士見岳の分岐地点

中央に見えているのが富士見岳です。道を奥側へ40分歩けば畳平バスターミナル、手前側に60分歩けば乗鞍岳剣ヶ峰です。

富士見岳

富士見岳の登り口です。ここから急な坂道です。ザレ道なので歩きずらいですが、距離的には短く10分程度で山頂に登れます。

富士見岳の登り口

富士見岳の登り口付近です。ここから約10分で富士見岳の山頂です。

富士見岳の山頂からの眺め

乗鞍岳剣ヶ峰(のりくらけんがみね)

剣ヶ峰(けんがみね)は、乗鞍岳(3026m)の主峰で権現池火山体の外輪山。畳平バスターミナルから山頂へは、北アルプスのなかではもっとも手軽に登頂できる登山コースになっています。

剣ヶ峰へのコースは、畳平からお花畑の方向へ一旦下り、お花畑の横を通ってまた急な 坂道を登ります。そして、不消ヶ池、コロナ観測所、富士見岳などを眺めながら歩き続けると乗鞍大雪渓が姿を現します。私が8月初旬に訪れた時には、まだ夏 スキーを楽しんでいる人がいました。さらに穏やかな道を歩き続けると肩ノ小屋に到着。ここから先は本格的な登山道になります。剣ヶ峰山頂までは急な坂道で 岩やガレが多い。

山頂からは、槍・穂高連峰を中心とした北アルプス、その反対側には木曾御嶽山、その他中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳、白山などを見ることができます。登山のシーズンは7月下旬の梅雨明けから、8月中旬頃。

乗鞍畳平の草花(花図鑑)

私達が訪れた8月初旬、乗鞍畳平の周辺には多くの高山植物が咲き誇っていました。日頃、花に特別興味のない私もすっかりその美しさ・かわいさに惹かれてしまいました。

コイワカガミ(小岩鏡) 6/下~7/下
畳平に咲いていました。コイワカガミはイワカガミの高山型とされ岩場に咲いています。

コイワカガミ(小岩鏡)

ウサギギク 7/中~8/中
畳平に咲いていました。ウサギギクは、葉の形がウサギの耳を思わせることに由来しています

ウサギギク 7/中~8/中

ハクサンイチゲ 7/中~8/上
畳平に多く咲いていました。名前は岐阜県「白山」ニ由来する「白山一華」。代表的な高山植物。

ハクサンイチゲ 7/中~8/上

乗鞍畳平で見かけた花なんですけど、花図鑑を見てもなんだかわからなかったです。

nori16

ミヤマキンポウゲ 7/中~8/上
乗鞍畳平に咲くミヤマキンポウゲの花のアップ写真。鮮やかな黄色が綺麗ですね。

ミヤマキンポウゲ

ミヤマキンポウゲ 7/中~8/上
畳平で大きな群生を作っていました。湿った草地を好む花だそうです。

ミヤマキンポウゲ

ヨツバシオガマ(四葉塩竈)7/下~8/下
畳平に咲いていました。鳥の尖ったくちばしを思わせる花が4~8段輪生します。

ヨツバシオガマ(四葉塩竈)

イワツメクサ(岩爪草) 7/中~8/上
花びらは10枚あるように見えますけど、実は5枚しかないそうです。

イワツメクサ(岩爪草)

クロユリ(ミヤマクロユリ) 7/中~8/上
畳平に多く咲いていました。多くの観光客が『あっ!クロユリ』って叫んでいたのがおもしろかった。

クロユリ(ミヤマクロユリ)

アオノツガザクラ(青の栂桜) 7/中~8/中
ツツジ科ツガザクラ属の常緑小低木。小さな壺形のクリーム色の花がかわいいですね。

アオノツガザクラ(青の栂桜) 

map640

高山の初心者おすすめ記事

  1. S1230047
    高山の古い町並みの散策 高山の古い町並みは、飛騨高山の中で一番おすすめの観光地です。いつ訪れても観…
  2. P1050404
    飛騨高山へのアクセスは、車、電車、バスで行くことができます。旅のプランイングによって選択するのがベス…
  3. gero300_2
    飛騨高山の旅で2泊3日すれば、高山市街だけでなく、近隣の観光地まで足を延すことが できます。 …

飛騨高山のおすすめ観光スポットについて

飛騨高山でのんびりゆったり至福の休日を過ごしてみませんか?
飛騨高山の古い町並みをメインに奥飛騨温泉郷、下呂温泉、白川郷、上高地、乗鞍、安曇野などの観光スポット、ホテル情報、旅のヒントになる情報を掲載。当サイトをご覧になって少しでも旅行のお役に立てれば幸いです。
プロフィール(HN:osakakanko)
住まい:大阪
趣味:旅行・観光、温泉、写真、ハイキング
管理人への連絡:master@okinawa.kilo.jp
(アットマークは小文字へ変えてください)

イベント・ニュース(最新)

・第32回飛騨高山手筒花火打ち上げ:8/9
・乗鞍天空マラソン(30km):6/21
・飛騨高山ウルトラマラソン:6/7
・乗鞍高原すもも祭り:5/24
・乗鞍岳 山開き祭:5/15
・上高地開山祭:4/27
・春の高山祭(山王祭):4/14,15
・我楽多市:4/5、5/3、6/7、7/5、8/2、9/6、10/4

アーカイブ

ページ上部へ戻る